子供の成績をなんとかしたい、苦手を克服させるにはどうすればいいのだろう、と悩んでいる方もいるのではないでしょうか。とりあえず塾に通わせて様子を見ようとしても、今度は塾選びで困ってしまいます。ここでは個別指導塾を中心に塾の種類や、塾選びのポイントを紹介しますので参考にしてください。

個別指導塾ってどんな塾!?

個別指導塾の種類

個別指導塾は生徒1人ひとりの能力や性格に合わせて指導してくれます。1人の講師が複数の生徒に一斉に同じ内容の講義をする集団塾とは違い、講師がそれぞれの生徒に必要な教材やカリキュラムを準備し、理解が不…

集団塾との違い

塾のタイプとして集団指導塾があり、入塾するとコースなどに入ってそのコース用の教材を購入して授業を受けます。同じ目的や学力の子が一緒になって授業を受ける仕組みになっていて、一人の先生が多くの生徒の前…

家庭教師との違い

個別指導塾と家庭教師、どちらも似たような感じがしますが、決定的な違いがあります。まず、個別指導塾は塾によって人数は様々ですが、例えば、講師1人が生徒3人を担当し、各生徒のペースや学力に合わせて勉強…

個別指導塾を探すポイントは?選び方はある!?

個別指導塾はたくさんあります。集団塾と比べると手厚いサポートを受けられるイメージがありますが、講師が担当する生徒の数が少なければ少ないほど授業料が高くなるのが一般的です。子供には一体どんな塾が向いているのか、どんなタイプの先生がよいのか、授業料の他にどんな費用がかかるのかなど、ある程度わかっていれば余裕をもって塾を探すことができます。

授業内容や指導方針がはっきりしているか

授業料の他にどんな費用が必要か

講師の先生は親身に対応してくれるのか

基本的には親身に対応してくれる

講師の役目は勉強を教えて学力を伸ばしたり志望校に合格させることなので、基本的には親身に対応してくれます。疑問点があれば教えてくれますし、試験の際に間違えやすいポイントも教えてくれます。高圧的な態度だと塾生が委縮したりストレスを溜めるので、口調なども注意しています。ただ、何もかもサポートしてくれる訳ではありません。全ての疑問点を即座に教えてしまうと、自分で考える能力が失われてしまいます。試験の時に頼れるのは自分だけなので、普段から自力で切り開く癖を付けないといけません。故に講師に疑問を投げかけてもすぐに教えてくれない場合があります。これは職務を放棄しているという訳ではなく、あえてそういう態度を取っているのです。

ストレスを感じたら講師の変更も可能

お金を払って塾に通っている訳なので、ある程度の要望は通ります。無茶な要望は駄目ですが、最終的に講師の変更も可能です。講師と塾生は人と人なので、塾生が気持ち良く勉強できないのであれば改善しなければいけません。なかなか分かりやすい説明をしてくれなかったり、不適切な発言などで気持ちが萎えてしまうなど関係性が崩れてしまうこともあります。塾での勉強がストレスになってしまうと学力が伸び悩む可能性も高いです。塾生は思春期で多感な時期なので、精神的なケアも講師の仕事の一つと言えます。塾生側も、講師に優しさばかり求めていると成長スピードが遅くなってしまいます。時には厳しく接してもらうなどして、必要なスキルを身に付けたいものです。